会社方針

「みやけ」の思い

 三宅食糧工業株式会社は大正15年に三宅商店として創業して以来、かつお節をはじめとした食品製造を事業の核としてひたすらに品質、味にこだわり、だしを追及してきました。。
大正、昭和、そして平成と創業以来八十余年にわたって愛されてきたプロの味をホテル、料亭、うどん店など、さまざま店舗・施設・メーカーにだし素材を提供しており、さらには一般家庭にもお届けできるような商品づくりにも取り組んでおります。
本当に美味しい和食の味を。
本物だけが持つ本当の味を。

今も昔も安心して口にできる本物の味を届けたい、それが「みやけ」の思いです。